明智光秀の子孫とは?家系図で解説!現代ではタレントのクリスペプラーって本当?

「本能寺の変」で突然主君である織田信長を裏切り、三日天下の後に豊臣秀吉に敗れた明智光秀ですが、彼の子孫には有名な人がたくさんいることをご存知でしょうか。 この記事では、明智光秀の子孫や家系についてくわしく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

杞憂の意味とは?故事成語の由来を簡単に解説!使い方の例文もあるよ!

「杞憂とは存じますが、念のためにご連絡いたしました。」 こんなメールや手紙が届いて「?」となった経験のある方は少なくないでしょう。 「杞憂:きゆう」とは、ごく簡単にいえば「余計な心配をすること」をいいます。 意味的にはそれほど難しい言葉ではありませんが、杞憂という漢字はなんとも日本語にはなじみのないかんじですよね。 この記事では、杞憂という言葉のくわしい意味や由来、使い方の具体例について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

縁故の意味とは?血縁や姻戚・縁故地や犠牲者など類似表現との違いを解説!

縁故とは、ごく簡単にいえば「親類などの特別な関係を使って、就職や人事で有利な扱いを受けること」をいいます。 普通の会話では問題ありませんが、ビジネスの場などで安易に「縁故」という言葉を使ってしまうと、失礼にあたってしまうこともありますので注意しておきましょう。 この記事では、縁故という言葉のくわしい意味(類義語や類似表現など)や、使い方の例文を分かりやすく紹介します。

わらしべ長者の意味とは?【宇治拾遺物語】現代語訳のあらすじと教訓を解説!

あの人は「わらしべ長者」のように出世した・不動産投資で成功するコツは「わらしべ長者」から学べる。 などなど、ビジネスの場でときどき耳にする「わらしべ長者」という言葉。 なんとなく意味は分かるけれど、どういう由来があるのかはいまいちよくわからない…という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 この記事では、わらしべ長者とはどういうものなのか?について、元のお話のあらすじまでさかのぼって説明します。 ビジネスで成功したい!という気持ちをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ナイーブの意味は繊細?ナーバスとの違いや英語ニュアンスを簡単にわかりやすく!

あの人はとてもナイーブな人だ・この案件はナイーブな問題を抱えている。 などなど、普段の生活の中で「ナイーブ」という言葉よく使いますよね。 基本的には「繊細な人」という意味で使われますが、英語と日本語とでは微妙にニュアンスが異なることをご存知でしょうか。 日本語では「ナイーブ」といえばポジティブな意味ととらえがちですが、英語では実はとてもネガティブな意味になってしまうこともあるのです。 この記事では、ナイーブという言葉の意味や微妙なニュアンス、使い方の例文いついてくわしく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ごんぎつねの指導案】発問や板書計画を徹底解説!クライマックス(第6場面)はどう教える?

新見南吉の「ごんぎつね」は小学4年生の国語教科書に取り上げられる定番の童話です。 ごんぎつねを国語授業の題材とするときには、生徒がごんの行動や心情を理解するように仕向けることが大切です。 物語の中での場面の移り変わりを、ごんの心情の移り変わりと関連付けて理解していくのが指導案を考えるうえでのコツといえるでしょう。 この記事では、ごんぎつねの指導案作成や板書計画を行っている方向けに、教材の読み解き方をわかりやすく解説いたします。

年神様(としがみさま)の意味や由来:大掃除しない家には来ないって本当?正しい迎え方を解説

「年神様」とは、日本では古来から信仰されている神様のことで、お正月にやってくる神様のことです。 毎年、お正月が近づいてくると門松や鏡餅を飾る風習がありますが、これらはこの年神様に由来のあるものなのです。 この記事では「年神様」に関する風習や由来についてくわしく解説します。 年神様の正しい迎え方についても紹介していますので、日本古来のお正月の祝い方を知りたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

「うだるような暑さ」の意味とは?手紙の挨拶文に使ってOK?例文も紹介!

真夏の時期、天気予報などで「うだるような暑さが続いております」という言い方をよく聞きますよね。 この「うだるような暑さ」とは、ごく簡単に言うと「とても不快で過ごしにくいレベルの暑さ」のことを言います。 以下ではちょっと聞きなれない「うだる」という言葉の意味も合わせて、詳しく見てみましょう。