忌み言葉とは?【言い換えに使えるチェック一覧あり】結婚式や葬式に出る方必見!

忌み言葉

  • 年賀状で「去年」って書いたら何故か上司から注意された…何かルールがあるの?
  • 結婚式などのおめでたい席で言ってはいけない言葉があるの?
  • 社会人になって初めて参列するお葬式。とにかく「忌み言葉」にだけは気をつけろといわれたけど、これって何のこと?

忌み言葉とは、簡単に言うと「縁起の悪い言葉」のことで、冠婚葬祭の席での会話や、手紙を書く時の表現などでは注意する必要があります。

以下では、忌み言葉の例や、言い換えに使える表現を一覧で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

忌み言葉のチェック一覧【場面別】言い換え言葉あり

ここでは場面別に、使わないように気をつけたい忌み言葉を一覧で紹介します。

中にはうっかり使ってしまいそうなものもありますから注意しておきましょう。

①結婚式で控えたい忌み言葉一覧と言い換え

結婚式で避けるべき忌み言葉一覧


  • 相次ぎ
  • 飽きる 言い換え:満足する
  • 忙しい 言い換え:ご多用
  • 焦る
  • 終わる(おしまい) 言い換え:お開き、ゴールを迎える
  • 浅い 言い換え:深くない
  • 倒れる
  • 冷める、冷える 言い換え:温かい内に
  • 消す
  • 滅びる
  • 負ける、敗れる
  • 四(し) 言い換え:四(よん)
  • 九(く) 言い換え:九(きゅう、ここのつ)
  • 絶える
  • 流す
  • 薄い 言い換え:厚くない
  • 疎遠
  • ほころびる
  • ほどける
  • 離婚
  • 繰り返し、繰り返す
  • 再度、再び
  • 帰る 言い換え:失礼する、帰省する
  • もめる
  • 戻る 言い換え:赴く
  • 放す
  • 離縁
  • 弔う
  • 捨てる
  • 病気、病む
  • 死ぬ 言い換え:亡くなる、ご逝去
  • 降る
  • 悪い
  • 短い
  • 破る
  • とんでもない
  • 褪せる
  • 裂ける
  • 割る、割れる
  • 嫌い 言い換え:得意ではない、好きではない
  • かえすがえす
  • 重ね重ね 言い換え:加えて、深く
  • くれぐれも 言い換え:十分に
  • しばしば
  • わざわざ
  • またまた
  • たまたま
  • 重々 言い換え:十分に
  • 時々、ときどき
  • 次々
  • どんどん、ますます、日々、みるみる(後ろに続く言葉が良い意味なら使ってもOK)

結婚式では、基本的にネガティブな言葉は避けられる傾向にあります。

おめでたい行事のため、ここで挙げたもの以外でも否定的な言葉は使わない方が良いでしょう。

他にも、「やっと結婚できたね」や「今度こそ幸せになれると良いね」なんかは失礼になる可能性があります。

本心でそう思っていたとしても、言うべきではありません。

②葬儀で控えたい忌み言葉一覧と言い換え

葬儀で控えるべき忌み言葉については、どのような宗教宗派で行われる葬儀なのかによっても異なります。

それぞれの宗教に共通する忌み言葉と、宗教別の忌み言葉を一覧で紹介しましょう。

どのような宗教でも共通の忌み言葉

どのような宗教でも共通の忌み言葉


  • 死ぬ 言い換え:ご逝去、他界
  • 生きる 言い換え:ご生前、お元気だったころ
  • 再び、再度、再三
  • 追って 言い換え:後ほど
  • 終わる 言い換え:お開き
  • 四(し) 言い換え:四(よん)
  • 九(く) 言い換え:九(きゅう、ここのつ)
  • 落ちる
  • 繰り返し
  • 続いて
  • 重ね重ね 言い換え:加えて、深く
  • いよいよ
  • またまた
  • ますます 言い換え:一段と

お葬式には宗教によって死生観(死んだ後の世界など)が違います。

仏教では亡くなった人は仏様になりますが、神道では一家を守る守り神になるのです。

キリスト教では天に召されます。

先に紹介した宗教別の忌み言葉は、その宗教にはない概念なので使うのは禁物です。

宗教関係なく、葬儀は「生死を直接指す言葉」と「繰り返し起こることを連想させる言葉」は忌み言葉となります。

日常でよく使う言葉も多いため、参列する際は注意が必要です。

仏式葬儀の忌み言葉

仏式葬儀の忌み言葉


  • 浮かばれない、浮かばれぬ
  • 迷う

仏教では死者は成仏するものと考えます。

そのため、「これではあの人が浮かばれない」といったような表現はタブーとなります。

キリスト教式葬儀の忌み言葉

キリスト教式葬儀の忌み言葉


  • 成仏
  • 供養
  • 冥福
  • 往生

キリスト教式の葬儀では、上のような「仏教用語」は基本的に避けておくのが無難です。

厳格なキリスト教を進行している人の家庭では、「キリスト教以外の宗教はすべて認められない、間違った教え」という考えのこともあります。

③年賀状で控えたい忌み言葉一覧と言い換え

年賀状で控えたい忌み言葉一覧と言い換え


  • 去年(「去」のつく言葉全般) 言い換え:昨年、前年
  • 滅びる
  • 絶える
  • 敗れる
  • 失う(「失」のつく言葉全般)
  • 枯れる(「枯」のつく言葉全般)
  • 倒れる(「倒」のつく言葉全般)
  • 病む(「病」のつく言葉全般)
  • 衰える
  • 暗い(「暗」のつく言葉全般)
  • 破る(「破」のつく言葉全般)

お正月もおめでたい行事なので、ネガティブな言葉は禁物です。

年賀状はもちろん、新年のご挨拶にも使ってはいけません。

特に「去年」は使ってしまいやすい言葉なので注意しましょう。

「去」という言葉は死別や離別を連想させるため、忌み言葉になるのです。

忌み言葉の意味や由来についてくわしく知っておこう

忌み言葉というのは、縁起の悪さや不幸を連想させる言葉のことです。

結婚式やお葬式といった人生の通過儀礼や、年賀状などの新年を祝う場面では気をつける必要があります。

若い人はそこまで気にならないかもしれませんが、ある程度のご年齢の方は敏感な人も多いです。

使うとせっかくのおめでたい雰囲気に水を差してしまったり、空気を悪くしてしまうでしょう。

縁起の悪いことを連想させる言葉

忌み言葉は、見た目からして縁起が悪い意味を持った言葉のことを言います。

たとえば結婚式で、「終わる」と言ったとしましょう。

結ばれた新郎新婦の仲が、結婚式早々終わってしまう感じがしませんか?

せっかくのおめでたい雰囲気が、台無しになってしまいますね。

このように、おめでたい時に嫌なことを連想させる言葉を「忌み言葉」と呼ぶのです。

また、お葬式のようなお悔やみの場面では、生死を直接指したり、また不幸がやってきたりしそうな言葉が「忌み言葉」になります。

「重ね言葉」も忌み言葉

重ね言葉とは、「わざわざ」や「ときどき」のような、同じ言葉がくり返される言葉のことです。

これは「同じことがくり返される」ということになるため、使ってはいけません。

「おめでたいことがくり返されるなら良いじゃないか」と思うかもしれませんが、実はそうもいかないのです。

結婚式で使うと「また結婚する」、つまり「離婚して再婚する」ということを連想させます。

葬儀で使えば「また葬儀をする」、つまり「また誰かが亡くなって葬儀をやる」ことになるのです。

「わざわざ」などは司会や挨拶でつい使ってしまいそうになりますが、使わないように注意しましょう。

忌み言葉は言い換えよう

どうしても忌み言葉を使いたいなら、忌み言葉ではない言葉で言い換えるのがマナーです。

たとえば結婚式で「嫌い」は忌み言葉となります。

これを「好きではない」と言い換えれば、結婚式で使って問題ありません。

とはいえ、とっさには言い換えが思いつかない場合もあるでしょう。

上で紹介した忌み言葉一覧では、言い換え表現も紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

今回は、忌み言葉のルールについて解説しました。

日本は「言霊」という考え方から、行事に使う言葉には特に敏感です。

自分は気にならなくても、他の人が嫌な思いをしてしまうかもしれません。

こうした行事に参加する際は気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする